8千万円大規模修繕工事!否決!

平成20年まだ私が管理組合に無関心な頃
12月 当時の理事長から
「土地の無償譲渡の件、隣のSビルとの間にフェンスを張ることで合意しましたから宜しくお願いします。」
と突然告げられました。

隣のSビルは元々マンション分譲会社の本社ビルで
ウチのマンションとは駅に出る通路や土地の一部、下水配管を共有している双子ビルです。
マンション分譲会社が破産し新しく地元のS住宅がそのビルを取得しました。
そのなかでも当事務所はSビルと隣接して駅に出るにはSビルを通らなければいけません。
死活問題です!
それから平成21年1月の臨時総会まで反対票を集めて回りました。
上記の合意と修繕積立金8千万円に対して8千万円に及ぶ大規模改修工事が議題でした。
「貯金が空になってもいいんですか?」各住居にビラを配り総会への参加を訴えました。

  1. 合意によりフェンスを張られることで住民の半分が駅に遠回りしなければならない。
  2. 火災などの災害時避難路が確保出来ない。
  3. 共同で使っている下水配管工事をマンションが負担するのはおかしい。
  4. 修繕積立金を全部使ってしまうと何かの支出時には全戸から徴収しないといけない。
  5. 隣のビルの新所有者S住宅から下水管を担保に駅への通路の所有権を確保し、新しいエントランスを造るため、お金は残しておいて欲しい。

と総会で訴えて逆転勝利しました。しかし5番は「夢物語だ!空想に過ぎない。」と批判されましたが
「管理組合が夢持ってなんで悪い」これを実現させるために役員やるんだ!って頑張ってます!
これが実現したら正真正銘「西大寺駅前」資産価値も上がり、住民の利益に寄与出来ます。
正直、ウチの店舗のためでもあるんですが、あの時やればって後悔するぐらいなら本気でやらないと♪

私も20年不動産や!してますが、マンション管理組合の総会議案が否決されたとこ初めてみました!
管理費って税金と同じで吸取られた後の使い道には全く関心がない!?
そんな住民に真実を晒し、不道理を説き、真摯に訴えれば変わるんだってこと!体験させて頂きました。

しかし、決して当時の役員さんが悪かったのではありません。
「地元の名士であるS住宅さんの言うこと聞いておけば間違いがない」と思うのは
西大寺に長年住んでいらっしゃる方々からすれば当たり前の事です。

私だって同業者で協会幹部のS住宅さんと揉めることは絶対やりたくないです!
でもこのマンションが出来た時から使っている通路にフェンスされたら困ります。
形は違うけど「私道の変更または、廃止の制限」でしょう?
分譲住宅の入口に販売事務所があってある日突然道にフェンスされたら困りますよね?

多分、S住宅さんはそこまで考えずに境界明示が曖昧なままだと売りにくいから
フェンスでもしとけばハッキリする。位のお気持ちだったと思います。

逆に総会翌日から8千万円の工事をする予定だった
S建設さまには協力業者さんへの違約金の発生と売上げ利益の損失
SビルオーナーS住宅さまには売却機会の損失は測り知れなく
多大な損害をお掛けしましたこと心よりお詫び申し上げます。

お問い合わせ・御見積りはこちらから

ページトップへ